ケペルさんのキビ作り

10/23金曜日のブラジル料理教室vol.1
キビ作り。
レシピ公開!

キビ作りに欠かせない小麦の挽き割り。
20151026232735a32.jpg
分量は500g
水を同量入れて混ぜます。
半日水に浸す方法もあるそうですが
こうすると、すぐに吸収して、なおかつ食べた時の食感がプチプチと芳ばしくてよいのだそうです。
なにより、忙しい方にも簡単!
20151026232738228.jpg
ジャーっと。お塩とニンニクを適量入れて混ぜます。
201510262329453e3.jpg
ニンニクとオリーブオイルを適量入れて
ご飯を炊いておきましょう!
20151026233011d9e.jpg
ブラジルのキビはミント入り。細かく刻んで。
20151026233012595.jpg
キビはもともとアラブ食。なので、牛肉でつくりますが
今回は合挽き肉を使ってジャパニ風。500g
分量を2つに分けて、クミン、ミントをそれぞれに入れて
二種のキビに。
2015102623301352b.jpg
塩大1。
20151026233100af6.jpg
チリパウダーも忘れずに。スパイシーになってきました!
20151026233950943.jpg
よ〜く混ぜ混ぜ。
201510262340198ad.jpg
小さめの俵型に丸めます。コロコロ〜
20151026234021587.jpg
合間にケペルさんの音楽秘話つき。
ビリンバウ奏者のRamiro Musottoの動画を観ながら、コロコロ。
20151026234022c6b.jpg
40個くらい?できたかな
よっしゃー!!揚げるぞー!!
20151026234024a29.jpg
200℃で!
20151026234025272.jpg
注意、温度が上がると焦げますよ。
つまみ食い。
揚げたて、最高に美味しい!
20151026234136582.jpg
ブラジルの家庭に欠かせない、ドレッシング。
モーリョ・デ・ビナグレッチ。
お酢とオリーブオイル、塩、玉ねぎ、ピーマン、トマト。
20151026234138197.jpg
ブラジルのチリオイル。トウガラシが丸くて黄色い!
キビにつけて食べると、これまたおいしい。
20151026234138c18.jpg
お土産に持ってきてくださった、とても珍しいアマゾンのマニソバ。
毒あり?!
マニソバとは?
マンジョッカの葉を挽いたマニバ、牛肉、豚肉、皮付き豚肉の脂身、牛の足の骨、腸詰め、乾燥牛肉、塩漬け肉、牛の胃袋、ベーコン、ローリエ、タマネギ、ピメンタ・デ・シェイロなどを材料にして作る料理です。マニバの毒素をなくすために6日間煮続けます。インディオの影響を強く受けた料理で、かつては特別な機会にしか食べられないものでした。現在では白人の影響もあって、燻製したものなどが加えられます。マニソバはいまでも特別な料理で、記念行事などに出されます。
20151026232733a45.jpg
ケペルさん、お疲れ様です!
さあ、いただきます!
20151026234140de3.jpg
我が子がへんちくりんですいません。
201510262341411d6.jpg
キビと、サラダにビナグレッチをかけてもgood.
201510262342586e4.jpg
キビは完全食になってしまうほど、栄養満点フード。
あちらでは、ファストフードでも多く、好評だそう。
もともとはアラブ食のキビ。(コフタ、キョフテ)
ブラジルではアラブ移民による食文化の広がりだけでなく、もちろん音楽にも強い影響を受けていると
初めてお会いした時に話されていました。
ケペルさんとの出会いは、伊藤アツ志さんのアラブタイコ、ダルブッカの教室でした。
ケペルさんの探究心は、ブラジルを軸に多方面に渡っていて
とても興味深い話題ばかり。
次回の料理教室でも、たくさんのお話を聞かせてくださることと思います。
vol.2では、先日のフリマで振る舞ってくださった"ムケッカ"を教えてくださいます。
今回は平日の午前中だったこともあり
行きたいのに行けない!とのお声が多数でしたので
次回は週末の開催いたしますので、どうぞお楽しみに!!

ありがとうございました。
スポンサーサイト

ブラジル料理教室vol.1


ブラジル音楽界の大御所!
ケペル木村のブラジル料理教室 Vol.1 「キビ」
10/23(金) 10:30-13:00

料金 ¥2,500(材料費込)
ケペル木村です。
これからブラジルの食べ物や音楽、様々な文化を「響き床」で紹介していきたいと思います。よろしくお願いしま
ブラジルは多くの移民たちで出来た混血文化の国ですが、意外に知られていないのがアラブ系移民のこと。
今回は、彼らが持ち込んだ文化の中から、すっかりブラジルに定着した料理「キビ(KIBE)」を紹介します。
挽き割りの小麦と挽肉を混ぜ、塩や香辛料などを加えてから、油で揚げたものです。
調理も簡単で、クセもなく、誰にでも食べられるものとして、ブラジル国内どこででも売られていますし、家庭でも作られています。
よかったらこのキビという料理を一緒に作ってみませんか?
20151007225831828.jpg

201510072253304af.jpg

ケペル木村:
ブラジル音楽に惹かれて1986年に初渡伯。
その後ブラジルからのCDなど音楽商品の輸入と販売に従事しながら、ライターとしてブラジル音楽の普及に努める。
さらに料理好きが高じてブラジル料理にも手を染めてブラジル料理教室も開催。
NHK-FMのピーター・バラカンさんの番組にも出演したり、ライターとしてCDの解説も多数書いている。
また打楽器奏者としても活躍し、現在は浅草サンバカーニバルの審査委員も務めている。
http://kepelkimura.blog.so-net.ne.jp
| HOME |

Calendar

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

響き床 hibikidoko

東京都西東京市富士町6-6-13 TEL/FAX 042-455-8503 hibikidoko@gmail.com

響き床

Author:響き床

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する
PageTop▲