スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NeseWSで得たもの

2/14日
NeseWS
180分を2レッスン、少人数でじっくり基礎を学ぶ内容で
無事終了いたしました!
また関口義人氏による恒例のロマを知る・学ぶ時間をたっぷり設けさせていただき
全員がロマに関する様々な知識を得ることができました。

21513_809777735790830_2575592345335833787_n.jpg

今回のNese先生のレッスンは
アーウルロマ・カルシュラマを雰囲気のことなる数曲で
踊ることでした。
Nese先生は振付は、基本的にWSでは行いませんので
曲の構成、曲調、リズム、楽器、抑揚などに合わせ
いろいろなバリエーションを展開し
セマのスタイルで基礎をみっちり学ばせて頂きました。

10154165_809777729124164_655633692799467140_n.jpg

ロマの基本ステップを繰り返し踊ります。
ロマダンスをNeseさんは
自己愛が強い踊りだと公言されます。
美しくみせる、というより
自分の自慢を魅せつける、いわば自己満ダンス!
誰かのためでなく、我のためのもの。。
本来、ロマの村で踊られたジプシーダンスとは
自分らしさをそれぞれが自分らしく表現する、自由な踊り。

10406515_809777789124158_6570085714209837068_n.jpg

12195763_809777839124153_3742371065538464277_n.jpg

12705169_809777792457491_95694651710548501_n.jpg

12745460_809777759124161_5045107445719123722_n.jpg

12744677_809777752457495_2050556582705831691_n.jpg

12729243_809777825790821_7029862242578499255_n.jpg

何度も繰り返し数種類の基礎のステップを踊りますが
もちろん簡単なことではありません。
Neseさんの空気感は凄いとしか言いようがありません。。。
真似できるようなものではない、
踊っているのを忘れ、見入ってしまうほど
素晴らしい踊りです。

皆さん、そう感じていたはずです。


Neseさんのセマから受けたこの踊りは、
何年もかけて追いかけて行きたい深い踊りだと、改めて思いました。
一度受けたとしても、到底自分のものにはできない。
Nese風にもなりません。。
今後は、この基礎を繰り返し踊り続けながら
Neseさんに定期的にご伝授していっていただけたらと
切に願います。。

今回新宿、響き床WSで
参加されるダンサーさんで、ベリーダンス界で名の知られるダンサーが多かったこと。
それほど、見る目のある方々からNeseさんの踊りが注目されているといことです。

次回、響き床WSも開催する予定で進んでおります。
東京Neseダンスチームの活動もしっかり組んでいく運びですー!

どうぞ、WSのご参加されたダンサー様方、ご興味のある方々
これからも、響き床でのWSをチェックしていてくださいね!

よろしくお願いいたします!




12742313_809777882457482_2252324081116028762_n.jpg

関口さんのレクチャーでは
ロマについての様々な疑問にお答えして頂きました。
ロマはどこから来て、これまでもそして今現在もどのように生きているのか、
彼らがどのような差別され続けてきたか。
そして、ロマの村で踊るロマたちについて。
これはベリーダンサーたちにとって
一番知りたいところだと思いますが
日本人が描く”ジプシースタイル”と、ロマの踊りには
文化や歴史から、大きなギャップがあると感じました。
これまで、25カ国のロマの集落に行かれ取材し、研究されたきた関口さんのお話は
ロマダンスを踊る上で、そして人として
知るべきことであり、知らずぬに踊れない深い内容でした。
今後も、ロマについて正確な知識を得るべく
関口さんのロマ講義はご依頼させて頂きたいと
強く思いました。


第二回となる響き床NeseWS
Nese先生、関口さん
ご参加された皆さま
本当にありがとうございました。


スポンサーサイト
大盛況のスルクレパーティ! | HOME | タイトルなし

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

Calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

響き床 hibikidoko

東京都西東京市富士町6-6-13 TEL/FAX 042-455-8503 hibikidoko@gmail.com

響き床

Author:響き床

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。